• 社會貢獻の取り組みトピックス

2017年02月27日

「第5回みちのく復興事業シンポジウム」開催のご案內

花王が參畫する「みちのく復興事業パートナーズ」では、NPO法人ETIC.(エティック)との共催で第5回「みちのく復興事業シンポジウム」を、東日本大震災から約6年となる2017年3月6日(月)に開催します。これまでの東北復興の実踐を通じ、地域社會の未來とこれからの企業の役割を考えます。
同パートナーズは、東北で活躍する起業家、NPO?団體などを企業が協働で支えるプラットフォームで、2012年6月にスタート?,F在、いすゞ自動車、ジェーシービー、電通、東芝、ベネッセホールディングス、花王の6社が參畫しています。

みちのく復興事業シンポジウムの概要

みちのく復興事業シンポジウム_B1_0207_fin_ol.ai

テーマ:「セクターを超えた協働で、地域社會の未來をつくる?!?br /> 日時:3月6日(月)15:00~17:45(開場14:30)
場所:電通ホール(東京都港區東新橋1-8-1 電通本社ビル內)
共催:みちのく復興事業パートナーズ、NPO法人ETIC.
対象:企業のCSR?社會貢獻擔當者、人事擔當者、復興や地方創生に関心のある方
定員:300名(參加費無料)
內容:

  1. 基調講演 「地方こそ、新しい日本」
  2. プレゼンテーション「セクターを超えた協働の先進地、東北」
  3. パネルディスカッション「今、企業はどのような関わり方ができるか」
  • * なお、今回のシンポジウムの第3部パネルディスカッションでは、石巻市で「地域の健康を住民で支えあう健康づくり活動」を推進する、一般社団法人りぷらすへの弊社の協力活動の報告もあります。ご興味のある方はぜひご參加ください。
  • * 參加希望の方は、以下のWeb申し込みフォームから各自で申し込みをお願いいたします。

シンポジウムの詳細およびWeb申し込みフォーム

メッセージ

東北は、「3.11」から6年を経て、なお復興途上にあり同時に、震災前から抱えてきた人口減少?高齢化?経済縮小などの社會課題が進行しています。
しかし、日本の未來を先取りする形で、大都市依存ではなく地域內でしっかり循環する新しい経済や人々の豊かな暮らし方を模索し、持続可能な地域社會をつくっていこうという機運も高まっています。
自治體、NPO、企業がセクターを超えて連攜?協働していくことがますます重要になる中、東北での協働には、地方創生につながる學びや発見に満ちています。同シンポジウムは、この動きに企業はどう関わっていくべきなのか、それによって何が生まれるのかを考えます。

Page Top
香港三日本三级少妇三级99,日本欧美全球大胆免费视频,伊人婷婷色香五月综合缴缴情